おすすMEMO

自分の人生で役に立ったことや便利な事、オトクな事、知っておいて欲しい事について書いてます。

【除湿機】コスパの良い選び方とおすすめメーカー3選

どーも。自由人です。

 

本格的に梅雨が近づいてきてますね。お部屋の湿気対策はバッチリでしょうか。


湿気が増してくるとカビやニオイなど嫌な事ばかり気になりますよね?最近では防犯の面などから常に部屋干しという方もいると思います。

f:id:shin5sun:20190608125745j:plain

 

この日本で梅雨~夏を快適に過ごそうと思ったら必須アイテムと言っても過言ではない除湿機


僕自身が購入する際にかなり迷ったので除湿機の選び方やメリットデメリットについてお話しします。

 

 


 除湿機の大まかな種類


コンプレッサー式


コンプレッサー式は空気を冷やして結露にする事で除湿機内のタンクに結露で溜まった湿気が徐々に落ちてたまっていくタイプです。

 

メリット


省エネで電気代が安い。
空気を冷やすので1番使う夏場に活躍できる。

 

デメリット


稼働音が少し大きく感じる。
冬場は除湿能力が落ちる。

 

デシカント(ゼオライト)式


デシカント式は乾燥剤のゼオライトで湿気を集めてヒーターで結露にしてタンクに溜めていくタイプです。コンプレッサー式とは真逆ですね。


メリット


冬場でも除湿出来る。
稼働音がそこまで気にならない。


デメリット


コンプレッサー式の2~3倍電気代がかかる
夏場は暑くなるので不向き


ハイブリッド式


夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式と両方のメリットを享受出来るタイプ。


メリット


良いとこどりで年間を通して快適に除湿出来る。


デメリット


除湿機のサイズが大きくなりがち。
比較的に値段も高めが多い。


このように分類できます。


大まかな除湿機の機能とメーカー


アイリスオーヤマ


衣類乾燥除湿機としてコスパに優れています。空気清浄機能付きもありますがそれよりも衣類乾燥に力を入れてる印象。


コンプレッサー式とデシカント式両方ラインナップされてるので使用環境に応じて選べますね。


コンパクトサイズの除湿機の主な性能

 

  • 除湿能力 6.5L/日
  • タンク容量 2.5L
  • 除湿可能範囲 8畳(木造)、16畳(鉄筋)
  • 方式 コンプレッサー式


SHARP


SHARPの衣類乾燥除湿機はなんと言ってもプラズマクラスターですね。


空気清浄と消臭を目玉にしています。プラズマクラスターで空気をキレイにして風が当たってる部分の衣類の消臭もできます。


コンパクトサイズの除湿機の主な性能

 

  • 除湿能力 7.1L/日
  • タンク容量 2.5L
  • 除湿可能範囲 9畳(木造)、18畳(鉄筋)
  • 方式 コンプレッサー式

 

Panasonic


SHARPプラズマクラスターならPanasonicナノイーです。こちらも除菌、消臭をプッシュしてます。


梅雨時期の生乾き臭を抑制し素早く乾燥させるので部屋干し時にも効果があります。


コンパクトサイズの除湿機の主な性能

 

  • 除湿能力 5.6/日
  • タンク容量 2L
  • 除湿可能範囲 7畳(木造)、14畳
  • 方式 デシカント式


Panasonicはコンプレッサー式がないのでデシカント式で比較してます。


除湿機の選び方まとめ


まずは1番使う時期を考えましょう。夏に使うならコンプレッサー式、冬に使うならデシカント式。値段気にしないならハイブリッド式にして1年中使えるように備えるなど。


決まったらあとは+αでどんな機能が欲しいのかで決めたら良いと思います。衣類乾燥だけでいいのか空気清浄機能も欲しいのか。


それぞれに分かりやすくメリットデメリットがあるんで自分に最適な1台を見つけやすいですよ!


今回比較した製品のリンク貼っておきますので、もっと詳細なスペックとか知りたい方は見てみて下さいね。ではまた!


アイリスオーヤマ

 

 

SHARP

 

 

 Panasonic

 

 

人気記事

 

shin5sun.hatenablog.com